一般歯科

トップへ »治療方針 » 一般歯科

痛みの少ないむし歯治療を

痛みの少ないむし歯治療を
「歯が痛い。どうもむし歯のようだ」「むし歯を治したいけど、痛いのが苦手」という方はいませんか?当院では、麻酔を徹底的に工夫し、治療の痛みをできるだけ減らしています。このページでは、当院の痛みの少ないむし歯治療についてご紹介します。

【針なし麻酔】麻酔針の痛みを減らす
【細い針などを使用】麻酔液を注入するときもひと工夫
【レーザー治療】初期むし歯は削らず、レーザーで再石灰化

削らない虫歯治療の紹介動画

麻酔針の痛みを減らす~針なし麻酔

麻酔針の痛みを減らす~表面麻酔麻酔は痛い!怖い!多くの方がそう思っています。当院で使用している「シリジェット」はそんな方々に支持されています。「シリジェット」とは、皮膚表面の感覚を無くす針のない麻酔です(表面麻酔)。

麻酔の痛みの原因は、注射針を皮膚に刺すときの痛みです。そこで、皮膚表面の感覚を無くしておくと、注射の痛みを緩和することができるわけです。使用時は「カチッ」と小さな音がするだけで、感覚はほぼありません。

麻酔液を注入するときも、ひと工夫

麻酔液を注入するときも、ひと工夫また麻酔を注入するときは、できるだけ細い針を使用したり、ゆっくり注入したり、痛みを減らすためのさまざまな取り組みを行っています。麻酔がシッカリ効くので、痛みを感じさせず治療が可能です。実際、多くの患者さんから「痛くなかった!」という声をいただいています。

レーザーで削らず再石灰化を

レーザー治療で痛みの少ない治療を歯医者さんといえば、「キーン」という機械の音や「ガリガリ」と歯を削る振動を思い浮かべませんか?ところが、レーザー治療ではそんなコワいイメージの音や振動はありません。初期のむし歯なら、レーザー治療とフッ素で再石灰化させることが出来ます。しかも治療時間はあっという間。
もう終わったの?というくらいでむし歯が治せてしまうのです。

<レーザー治療のメリット>
乳歯の歯髄処置(神経の処置)にレーザーを使うと、1回で治療することができるため、
 苦痛が少なくてすみます。
永久歯の根の治療にレーザーを使うと、治療回数が少なくなり、治りも良くなります。
●歯石にレーザーを照射すると、堅い歯石が取れやすくなります。
●歯石を取るだけでは治りにくい重度の歯周病に、繰り返しレーザーを使うと、治りが良くなります。
口内炎にレーザー照射すると、瞬時に痛みが取れ、治癒を促進します。
外科処置にレーザーを使うと後の痛みが少なく治癒も早くなります。
黒ずんだ歯茎をきれいなピンクの歯茎にすることができます。

知っていますか?むし歯のメカニズム

むし歯は進行状態によってC0~C4までの段階に分けられます。あなたの歯はどのタイプですか?ぜひ一度セルフチェックすることで、自分の歯の状態を的確に知りましょう。

c0◆ C0
初期むし歯の状態です。積極的な予防で歯を再石灰化させるだけで大丈夫です。

c1◆ C1
C1は、歯の表面のエナメル質に穴が開いた初期段階のむし歯です。エナメル質は歯の一番強い部分なので、この時点で痛みを感じることはありません。ただし、この状態を放置するとむし歯はすぐに進行してしまいます。一般的には削る治療を行う段階ですが、当院ではできるだけ歯を削らず、予防処置だけで経過を観察する場合が多いです。

c2◆ C2
C2はエナメル質の奥にある象牙質にむし歯が達した状態です。まだ神経には達していないので強い痛みはありませんが、甘いものや冷たいものを食べたときにしみるようになります。この段階では、虫歯になった部分を削ってつめもの(インレー)を入れる治療が必要です。
神経に刺激が伝わりやすいので、治療時には麻酔を使用します。

c3◆ C3
C3はむし歯が神経に到達し、歯髄炎を起こした状態です。「重度の虫歯」と表現されます。歯根膜に炎症が起きると、噛んだだけで激痛が走る「歯根膜炎」になることもあります。ここまでくると「何もしていないのに痛い」という状態になることが多いですが、むし歯がゆっくり進行している場合は、痛みがないまま神経が死んでしまうケースもあります。重度の虫歯になったら麻酔をして歯を深く削り、神経を取り除く治療が必要です。

c4◆ C4
C4は、重度の虫歯が進行した「末期の虫歯」です。神経が死んでしまったため痛みはほとんどないものの、むし歯菌が血管を通って全身をめぐると、心臓病や腎臓病を引き起こすことも。また、歯根の先に膿の袋ができて骨の中に毒素を出す「根尖病巣」のリスクも高くなります。ここまでくると、ほとんどの場合は抜歯が避けられません。