審美歯科

トップへ » 治療方針 » 審美歯科

【審美歯科】美しい口もとを手に入れたい方へ

【審美歯科】美しい口もとを手に入れたい方へ

「歯が黄ばんでしまっている」「銀歯が気になる」「金属アレルギーが不安」こんな心配やお悩みを抱えている方はいませんか?「審美歯科」とは健康で美しい口もとをつくることに重点を置いた歯科治療です。さらに、審美歯科は、銀歯を原因とする金属アレルギーを防ぐ、「メタルフリー治療」といった側面も持ち合わせています。このページでは、当院の審美歯科治療についてご紹介します。

審美歯科とはなんですか?
天然の歯に近い「つめもの」
天然の歯に近い「かぶせもの」
歯を削らず白くする「ホワイトニング」
ご存じですか?バネのない(目立たない)入れ歯
 

審美歯科とはなんですか?

「笑うと銀歯が見えて気になる」「歯や歯肉の色が気になる」「笑顔に自信を持ちたい」という悩みを抱えている方はいませんか?そんな方にオススメなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。最近では、気軽に白く健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。

天然の歯に近い「つめもの」

◆ セラミックインレー
「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(つめもの)です。従来の金属のつめものでは、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていました。しかし、白くて透明感のあるセラミックを金属の代わりにつめることで、それらの問題をクリアすることができました。

<セラミックインレーのメリット>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる


<セラミックインレーのデメリット>
・保険は適用されません

           写真・料金はこちら




◆ ゴールドインレー
ゴールドインレーとは、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたつめものです。 この金属は非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる二次的なむし歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが解消できます。

<ゴールドインレーのメリット>
・金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にも使用できる
・さびにくく、金属アレルギーの問題が解消できる
・精度が良い
・保険の金属と比べて柔らかいので、歯に負担が少ない


<ゴールドインレーのデメリット>
・見た目が金属
・保険は適用されません


           写真・料金はこちら

天然の歯に近い「かぶせもの」

◆ オールセラミッククラウン
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせものです。内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

主に目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

<オールセラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・割れやすい
・歯を削る量が比較的多い
・保険は適用されません

                写真・料金はこちら

◆ メタルボンドクラウン
金属でできた「かぶせもの」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
・保険は適用されません  
           
                写真・料金はこちら


◆ ハイブリッドセラミッククラウン
これはセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた「かぶせもの」です。オールセラミックよりもやわらかく、他の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。とはいえ、年数がたつと変色してしまうといったデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、汚れにくい

<ハイブリッドセラミッククラウンのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
・保険は適用されません

                 写真・料金はこちら

【ホワイトニング】歯を削らず白くする

あなたは歯の色で悩んでいませんか?今、男女とも年齢を問わず、歯の色調を中心とした「口もとの美しさ」への関心が極めて高まっています。そんな方にオススメなのが、歯を白く美しくする、ホワイトニングと言う方法です。

<ホワイトニングのメリット>
・歯を削らなくても歯を白くできます
・繰り返し行うことができます

ホワイトニングの症例写真◆ ホワイトニングの症例写真
着色した歯にコンプレックスを持っている方、ホワイトニングをぜひお勧めします。歯を白くすることで、気持ちが明るくなり、笑顔に自信がもて人生が健康で楽しくなります。

◆ ホワイトニングの疑問
・Q1.削ることなく白くするホワイトニングとはどのようなものなのですか?
過酸化水素水が分解して生じる活性酸素による酸化反応で有色物質を分解・脱色することによって歯が白くなります。

・Q2.何歳くらいからできるのもなのですか?
永久歯の萌出が完了している人であれば成人から中高年まで可能です。

・Q3.ホワイトニングはすぐに始められるのですか?
むし歯の治療が終了してから行います。

・Q4.白くしても、また戻ってしまうと聞いたことがあるのですが?
個人差はありますが、多少は起こります。一定の白さを保つためにも定期的な検診を受ける事をおすすめします。

・Q5.体に害はないのですか?
最初に適切な診断をしてから処置を行います。ご安心ください。

・Q6.何回くらい歯医者に通いますか?
個人差はありますが3~6回ぐらいです。

・Q7.痛みが出ることはありませんか?
ずきずき痛むことはありませんが、神経がある歯の場合は軽い一時的な知覚過敏が生じる事があります。
 

ご存じですか?バネのない(目立たない)入れ歯

当院では、目立たないバネの入れ歯を作っています。

目立たないバネは、外科用縫合糸や人工臓器の一部に使われているものと同じ素材を使っており、生体親和性において世界で認められた体に優しい安心素材で作られています。

バネのない(目立たない)入れ歯