歯ぎしり・咬みしめ

トップへ » 治療方針 » 歯ぎしり・咬みしめ

怖い「歯ぎしり」「咬みしめ」

歯ぎしり・咬みしめ歯ぎしりはストレス発散という役目があります。
歯ぎしり・咬みしめは無意識にするものです。
無意識だからこそ、加減をせずに過度の力がかかってしまいます。
この結果、色々な悪影響を及ぼすことが分かっています


歯ぎしり・咬みしめによって起こる問題

<局所的なもの>
1. 歯の破折(歯が割れてしまう)       
2. 詰め物が取れる
3. 歯周病が進む

歯ぎしり・咬みしめ<全身的なもの>
1. 頭痛
2. 腰痛
3. 肩こり
4. 顎関節症

歯ぎしりも咬みしめも多くの人は自覚していません。
「歯ぎしりを言われたことはないので、やっていません。」
「口を開いて寝ているから歯ぎしりはしていないと思います。」
このように言う人も多いのですが、音がする歯ぎしりは20%しかないと言われています。
また、一晩じゅうしているものではないので、口を開いて寝ているからやっていないとは言えません。
実際に、お口にマウスピースを入れて寝てもらうと、歯ぎしりはしていないと言う人でも、ほとんどの人がやっているのが分かります。
日中の咬みしめにおいても、気がついている人は少ないのですが、意識してもらうと、多くの人がやっていることに気がつきます。

歯ぎしりによる変化
歯ぎしりにより根元がへこんでしまった 歯が欠けてしまっている
詰め物が取れてしまっている
内側の骨がごつごつ出っ張っている
歯ぎしりによる変化 歯ぎしりによる変化
歯ぎしり・咬みしめ対策

ナイトガード
1. 自己暗示療法
2. ナイトガード

自己暗示療法は意識的に歯ぎしり・咬みしめをやめる方法です。
ナイトガードは、主に就寝時に装着して、歯ぎしりによる影響を小さくするものです。