痛くない治療

トップへ » 治療方針 » 痛くない治療

麻酔針の痛みを減らす~シリジェット

麻酔は痛い!怖い!多くの方がそう思っています。当院で使用している「シリジェット」はそんな方々に支持されています。「シリジェット」とは、皮膚表面の感覚を無くす針のない麻酔です(表面麻酔)。麻酔の痛みの原因は、注射針を皮膚に刺すときの痛みです。
麻酔針の痛みを減らす~シリジェット
そこで、皮膚表面の感覚を無くしておくと、注射の痛みを緩和することができるわけです。
使用時は「カチッ」と小さな音がするだけで、感覚はほぼありません。」

麻酔針の痛みを減らす~シリジェット【実施方法】
1.霧状の麻酔液を麻酔部位に噴射する
2.皮膚表面に感覚のないことを確認する
3.針のある麻酔をする

~ドックベストセメント~  痛くない、削らない、神経を取らない治療

これまでのむし歯治療は、むし歯になったところは完全に取り除き、人工物に置き換える治療法でした。
いわば外科的な治療だったと言えます。
これに変わるドックベストセメントによる治療は、歯科における内科的治療と言えます。
むし歯の原因は口腔内の細菌です。
むし歯になった部分は、削らずそのままにして、ドックベストという薬を詰めます。
このドックベストセメントは銅イオンが含まれており、この銅イオンには継続的な殺菌力があります。
このドックベストの殺菌力で細菌を死滅させると、あとは人間の持つ自然治癒力で歯の中にカルシウムが戻り、再石灰化が起こります。

<ドックベストセメント療法の利点>
歯をあまり削らない。
治療中の痛みがあまりない。
麻酔が必要ないことが多い。
・深いむし歯でも神経を取らずにすむ場合が多いので、歯が長持ちする。
・治療時間が短い場合が多い。

<ドックベストセメント療法の欠点>
・保険適用外であるため、自費治療となる。
・経過観察が必要である。

 【基本的な治療手順】
どっく.jpg


1, むし歯部位の洗浄殺菌をする

2, 処置の準備をします

3, 2の液をむし歯部位に塗布します


ドック2.jpg

4, セメントを練ります


5, むし歯部位にセメントを塗布します


6, 蓋をします

6か月~1年後蓋を外し、再石灰化の確認をします。
                     そして最終的な詰め物をします。